親和銀行のマイカーローンのメリット

親和銀行のマイカーローンは、新車・中古車のどちらでも、金利は2.8%という好条件になっています。
ディーラーローンでは、中古車の場合は金利が10%を超えることも珍しくないので、中古車購入の人は銀行でローンを組んだほうがはるかにメリットがあるでしょう。
もちろん、新車購入でもディーラーローンよりも好条件となっているので、メリットがあります。

親和銀行では、購入する車を決めていなくても申込みができるということもメリットです。
まずは仮審査に申込みをして、いくらの融資が可能なのかを確認することができます。
与信限度額を先に確認できるので、車を購入するときの参考にできるでしょう。

親和銀行のマイカーローンは、無担保で借りられます。
自動車を担保に入れないので、自動車は完全に自分の所有物になります。
ディーラーローンでは所有権をディーラーに留保するという手段をとられることが多いです。
ローンをしっかりと返済していれば、自動車が担保に入っているということは特にデメリットにはならないのですが、ローンを完済する前に車を売りたいというときなどに、手間がかかることがあります。

親和銀行のマイカーローンを契約するとき、連帯保証人は必要ありませんが、保証会社をつけることになります。
保証料は別途かかることがなく、金利2.8%の中に含まれているので、安心です。
ディーラーローンでは通常の金利のほかに、保証料が別途かかることもあります。

あえてデメリットをあげるなら、手続きをすべて自分でしなければならないため、準備する書類が多かったり、手間がかかるということくらいでしょう。