佐賀共栄銀行のマイカーローンの特徴と審査のポイント

佐賀共栄銀行のマイカーローンには、

  • 新オートローン
  • オートローンプラス

の2種類があります。

新オートローンの概要

新オートローンのほうは、固定金利で3.5%~4.8%となっています。

この金利には、保証料も含まれている上、一定の条件を満たせば金利が1.0%引き下げられます。

これはかなりの低金利であると言えるでしょう。

最低で2.5%という金利になります。

オートローンプラスの概要

オートローンプラスのほうは、18歳以上ならば未成年でも申込みができるのが特徴的です。

中古車購入、車庫設置費用などにも使えます。

3.0%の固定金利ですが、保証料が別途かかるということに注意が必要でしょう。

保証料は一括前払いになります。

優遇金利について

佐賀共栄銀行のマイカーローンは、申込み人の信用状態によって金利などの条件が異なってくるようです。

一定の条件を満たした方は金利が1.0%引き下げられますが、

  • 「インターネットからの仮審査申込み」
  • 「給料の振込口座への指定」

など、それほど難しい条件ではないため、引き下げられた金利が適用される可能性が高いでしょう。

審査について

審査では、年収、勤務形態、勤続年数などが重要になります。

「安定した収入のある方」という条件がついていますが、正社員に限られていないので、契約社員や派遣社員でも申し込みは可能です。

個人信用情報も重要になるので、過去にクレジットカードなどの支払いで延滞をしていると、厳しくなるでしょう。

他社からの借金があっても申込みはできますが、年収に対して無理のない金額であることが重要です。

 

福岡中央銀行が提供するマイカーローンの特徴

福岡中央銀行のマイカーローンについて知りたいと思ってる方に、その特徴を紹介しましょう。
まず一つの点は、ローンの申し込みがインターネットからできることです。
これは利用者にとって大きなメリットといっていいでしょう。
なぜなら、仕事などで忙しくて申込のために来店できない人もいるからです。
福岡中央銀行はそういう人たちのことを考慮して、インターネットから申込ができるようにしています。
これが一つの大きな特徴です。
次に挙げられる特徴は、福岡中央銀行の編みカー尾ローンは、新車だけでなく中古車やバイクの購入にも利用できることです。
自動車ローンといえば普通は新車購入がターゲットですが、中古車やバイクを買うときにも利用できるのは大きいですね。
なぜなら、中古車やバイクであってもローンを組まなければ変えないほど高額な商品もあるからです。
そういうときにマイカーローンが利用できたらほんとに便利です。
もう一つは、所得証明書類を提出しなくても契約ができるローンがあることです。
実は福岡中央銀行のマイカーローンは2種類ありまして、一つは所得証明書類が必要なのですが、もう一つのほうは所得証明書類を提出しなくてもいいのです。
これもまた大きなメリットといっていいでしょう。
なぜなら、申込者の中には収入に自信がないという人も多いからです。
そういう方にとって、所得証明書類を提出しなくてもいいというのはとても助かると同時に、書類を用意する手間が省けるメリットにもなります。

沖縄銀行のマイカーローンについて

沖縄銀行のカードローンでは、本土と比較して高めとなる変動金利6.800%が掲げられていますが、ポイントサービス優遇を受けることで最大2.00%安く利用することが可能となります。
使いみちは車の購入の他に、オートバイの購入、カー用品の購入、車検費用、免許取得費用、他社マイカーローンの借換にも利用できます。
融資基準としては10万円以上500万円以内が融資金額となり、期間に関しては6ヵ月以上10年以内の返済となります。
沖縄銀行のマイカーローンは非常にシンプルな内容となりますが、車の購入に関しては他のローンも選択肢として上げられることが大きな特徴となります。
特に地域性が表れた軍用地ローンは使いみちが自由な融資となります。
担保設定は必要となるものの、例えば、軍用地料が年間300万円未満の場合には融資期間5年以内であれば3.775%で借入をすることができ、通常、マイカーローンで設定される5年~10年以内の期間でも、4.075%で借りることができます。
融資限度額は施設によって異なるものの年間地料の10倍~30倍までが限度額となり、保証人は不要となります。
また、ユニークな点として公務員に特化したローンがあり、年齢や勤続年数、年収など所定の条件を満たすことで期間10年以内、限度額500万円を上限として、使いみち自由の融資を受けることができます。
期間は3年となるものの、対象物の購入額が安い場合にはカトレアカードローンセレクトも利用することが可能となります。
ローンは固定金利3.90%と低いレートが提示されており、使いみち自由となっています。

琉球銀行のマイカーローンについて

 琉球銀行のマイカーローンは、自動車の購入費用など800万円まで融資をしていくれます。
 利用できる人は、満20歳以上で完済時の年齢が満70歳未満の人で、勤続年数が1年以上あり、安定して継続した年収が150万円以上ある人になります。
ただし過去に信用事故のある人は、琉球銀行のマイカーローンの融資を受けれません。
 申し込み方法は、電話やインターネット、FAXや窓口になります。
電話の受付時間は、平日の9時から22時になります。
インターネットでの仮審査の申し込みは、24時間受付してくれます。
保証人は原則いりませんが、審査の結果で連帯保証人が必要な場合があります。
 融資してくれる期間は、1年以上10年以内の6か月単位になります。
金利は、変動金利型になります。
審査の結果などで金利がかわってきます。
例えば優良運転者は、0.5%金利が引き下げられたりします。
またポイントサービスなどによっても金利を引き下げてくれたりします。
最大で2.5%の金利を引き下げてくれます。
ポイントは、申し込み時点のポイント数が基準になります。
 返済方法は、元本と金利を均等に毎月返済していきます。
また、半年ごとに融資金額の50%以内で増額返済を併用することができます。
 マイカーローンに必要なものは、預金通帳と届け出の印鑑、本人確認書類、資金使途確認書類、勤続年数確認書類です。
ただし、申し込み金額が100万円超の場合は、収入確認書類が必要になります。

鹿児島銀行が提供するマイカーローンについて

鹿児島銀行では、マイカーローンとして商品名「かぎんマイカーローン」の提供を行っていますが、現在特別金利キャンペーンを展開しており、ここでは別途保証料不要の低い金利で借入を行うことができるようになっています。
鹿児島銀行のマイカーローンは保証会社によって借入できる金額と期間が異なり、(株)鹿児島カードの場合では5万円以上400万円以内で期間6ヵ月以上7年以内、(株)ジャックスの場合では5万円以上800万円以内で6ヵ月以上10年以内となります。
ただし、500万円を超えての希望では、前年度税込年収として500万円以上あることが条件となります。
利用可能な人は、借入時の年齢が満20歳以上満65歳以下で完済時の年齢が満72歳以下となり、勤務または営業年数が1年以上、前年の本人税込年収が120万円以上あることが条件となります。
勤務年数に関しては優遇措置が設けられており、鹿児島銀行に給与振込指定のある新規学卒者や年金受給者の場合には年数は問われない内容になっています。
ローンの使いみちとしては、車やバイクの購入や車検・修理費用、カーオーディオなどの購入資金や運転免許取得費、他社ローンの借換が該当し、ジャックス保証の場合のみレジャーボートやジェットスキーなどの自家用船舶にも利用が可能となっています。
金利に関しては、平成28年12月30日までは特別金利キャンペーンが適用されることで年2.2%で利用をすることができるようになっています。
通常、基準金利は年4.400%で提示され優遇措置を受けたとしても2.600%となりますが、キャンペーンでの金利はこれよりも低く、魅力的な内容となっています。

宮崎銀行のマイカーローンについて

宮崎銀行が提供をするマイカーローンは、WEBやFAX、電話での申込ができるために時間をかけずに手続きを進めることができるようになっています。
使いみちは、営業車を除き新車中古車を問わず、自動二輪車や原付にも利用することができます。
また、カーオーディオなどの自動車用品や、車検・修理費用・免許取得費、車庫施設の購入などにも利用でき、他社からのマイカーローンの借換も対象範囲に含まれています。
利用できる人の条件としては、借入時の年齢が満20歳以上で完済時年齢が70歳未満であれば利用でき、安定した職業や収入があることや提携保証会社の保証を受けられることが条件となります。
融資金額に関しては、10万円以上500万円以内であれば1万円単位から利用をすることが可能となります。
融資期間においては、6ヵ月以上10年以内と定められており、返済は1ヵ月単位で決めることができるようになっています。
金利は固定金利と変動金利から選ぶことができるようになっており、固定金利の場合には完済時まで借入時の金利が適用され、変動金利の場合には、毎年4月1日と10月1日に所定の短期プライムレートを基準として見直しが行われます。
基準となるレートとしては固定3.675%、変動2.975%が提示されていますが、宮崎銀行では現在キャンペーンを実施しており、ここでは保証料別で、それぞれ年1.6%、年1.3%で融資を受けることができます。
返済方法に関しては毎月元利均等返済が適用されており、ボーナス併用支払の場合には融資金額の50%以内が条件となります。
担保・保証人は、保証会社を通すために不要となりますが、保証会社から要請があった場合に限り保証人が必要となります。

大分銀行のマイカーローンは他社とは違う

大分銀行は大分県のみで営業をしている地方銀行の一つになります。
地方銀行でも大手銀行同様に様々なローンを取り扱っており、マイカーローンも取り扱っています。
自動車やバイクは勿論ですが、運転免許証を取得するための費用など自動車やバイクに関することなら何でもローンを組むことができます。
仮審査はインターネットで申し込みが可能になっているために、店頭へ来店する前にインターネットで仮審査をすることで手間を減らすことが可能です。
通常なら必須となる収入証明書ですが、大分銀行なら500万円までの融資なら収入証明書は不要となるために、気軽に審査に申し込むことができます。
返済の計画を経てることができるようにインターネットで返済のシミュレーションをすることが可能です。
返済シミュレーションをすることでローンを組む前から返済計画を経てることが可能なシステムになっています。
通常のマイカーローンはローンの返済が終わるまでは自動車の所有者はディーラーですが、大分銀行でマイカーローンを組んだ場合にはローンが残っていても自動車の所有権は購入者本人になります。
最初に返済計画を経てても金銭的に余裕がある場合には多めに支払うことが可能になっているために、この制度を利用すると低金利にすることができます。
勿論、余裕がある場合には一括返済も可能となっています。
しかも、繰り上げ返済をしても無料なので、少しでも安く返済することができます。

肥後銀行のマイカーローンについて

肥後銀行が提供するマイカーローンは、通常ローンと商品名マイカーローン「ワイド」の2つがあります。
利用条件は、年齢では満20歳以上で返済完済時満65歳以下の人や、勤続年数1年以上であることや事業年数3年以上であること、年金受給の人が条件となり、他に提携先保証会社の保証を受けられることがあります。
借入に関しては、金額では10万円以上500万円以内で1万円単位の融資となり、返済期間としては6ヵ月以上7年以内が条件となります。
ローンにはそれぞれにノーマルプランとエコプランの2つのタイプがあります。
借入金額では10万円以上500万円以内で1万円単位であることとや、返済期間が6ヵ月以上7年以内となるなど、同じ条件が設けられていますが、金利面では違いがあります。
まず、ノーマルプランの場合には固定金利型と変動金利型があり、固定金利型では基準金利年4.1%が提示され、優良ドライバーやゴールド免許・SDカード保有者に対しては0.2%の割引が適用になります。
変動金利型では短期プライムレート変動が採用され、現在金利としては年3.0%が掲げられています。
一方、エコプランの場合には固定金利による提供のみとなっており、基準金利としては年2.9%、優遇措置に関してはノーマルプランと同様な内容で年0.2%低く借入をすることが可能となります。
肥後銀行の2つのマイカーローンはタイプによる違いはないものの、大きく異なるものとして担保・保証人に関する内容があります。
双方とも保証会社を通すことで原則個人保証は求められませんが、通常タイプの場合には、肥後カード(株)か(株)日専連ファイナンス保証を利用するようになります。
一方ワイドの場合には、まず肥後カード(株)で審査が実施され、ここで保証が得られない場合には自動的に(株)オリエントコーポレーションでの2次審査に移行する内容となります。

親和銀行のマイカーローンのメリット

親和銀行のマイカーローンは、新車・中古車のどちらでも、金利は2.8%という好条件になっています。
ディーラーローンでは、中古車の場合は金利が10%を超えることも珍しくないので、中古車購入の人は銀行でローンを組んだほうがはるかにメリットがあるでしょう。
もちろん、新車購入でもディーラーローンよりも好条件となっているので、メリットがあります。

親和銀行では、購入する車を決めていなくても申込みができるということもメリットです。
まずは仮審査に申込みをして、いくらの融資が可能なのかを確認することができます。
与信限度額を先に確認できるので、車を購入するときの参考にできるでしょう。

親和銀行のマイカーローンは、無担保で借りられます。
自動車を担保に入れないので、自動車は完全に自分の所有物になります。
ディーラーローンでは所有権をディーラーに留保するという手段をとられることが多いです。
ローンをしっかりと返済していれば、自動車が担保に入っているということは特にデメリットにはならないのですが、ローンを完済する前に車を売りたいというときなどに、手間がかかることがあります。

親和銀行のマイカーローンを契約するとき、連帯保証人は必要ありませんが、保証会社をつけることになります。
保証料は別途かかることがなく、金利2.8%の中に含まれているので、安心です。
ディーラーローンでは通常の金利のほかに、保証料が別途かかることもあります。

あえてデメリットをあげるなら、手続きをすべて自分でしなければならないため、準備する書類が多かったり、手間がかかるということくらいでしょう。

十八銀行マイカーローンは来店型と来店不要型の2タイプ

長崎県長崎市に本店のある十八銀行のマイカーローンは、来店型と来店不要型の二つのタイプがあります。
来店不要型を選ぶと、一度も店舗を訪れることなく、自宅に居ながらにしてローンの手続きが完了します。
十八銀行の「カーライフローン車快人」は、変動金利と固定金利のどちらかを選択するタイプ。
条件を満たすと金利の割引が受けられるようになっています。
例えば、十八銀行の住宅ローンを利用中の人や普通口座への給与振込をしている人なら、0.9%の金利割引。
カーローンを利用中の人なら0.2%の割引となります。
また、電気自動車を購入するためにローンを組む人についても0.2%の割引となるので、最大で1.3%も金利が安くなる可能性があります。
自動車とバイク、カーステレオやカーナビなどのカー用品の購入資金とするだけでなく、ボートやジェットスキー、ヨットなどの購入資金にあててもよいのがユニークなところです。
船舶免許を取得するための費用として使うこともできます。
もちろん、車検費用や修理費用、自動車免許の取得費用とすることもできるので、幅広い用途で使えるカーローンだと言えるでしょう。
借入額は10万円から500万円まで、返済期間は1年以上10年以下となっており、平均的なカーローンと同じです。
返済は元利均等払いなので、毎月同じ金額を返済していくことになります。
年2回のボーナス増額払いを併用できるので、事前にシミュレーターで計算しておくと、無理のない返済が可能です。